Home > 音楽

音楽 Archive

第80回-ユキヒロ・ライヴ1982

音楽好きならば、ジンセイに於いて「忘れられないライヴ体験」というのは何本かあるだろう。「強烈に、その後の自分を決めてしまった」という重いものもあれば、「思い出すたびにジワ~っとトキメイて来る。特別で、甘酸っぱい思い出」というものもある。私にとっては、1982年夏の高橋幸宏のソロ・ライヴが後者にあたる。

この年の6月21日、幸宏は4枚目のソロ・アルバム『WHAT, ME WORRY?~ボク、大丈夫?』をリリース。6月から7月にかけて、細野晴臣(b)、スティーヴ・ジャンセン(ds)、土屋昌巳(g)、立花ハジメ(g, sax)という錚々たるメンバーで初のソロ・ツアーを敢行する。札幌から福岡まで全国14ヶ所+新宿ツバキハウスだった。
私は高校2年。特に受験も差し迫っておらず、一学期の期末テスト終了後に7月27日の渋谷公会堂公演(ホール最終公演。この翌日に新宿ツバキハウス)を堂々と観に行った記憶がある。確か新宿三井ビル地下のプレイガイドにチケットが残っており、逗子からわざわざ買いに行ったのではなかったか…。

このライヴがいかに特別だったか? それは高橋幸宏のソロ・アルバムを知る人ならばわかるだろう。前述した通り、『WHAT, ME WORRY?』はソロとしては4枚目。AOR調だった1978年の『サラヴァ!』は若干異質だが、当時のYMOファンが夢中になった1980年6月の『音楽殺人』の時も、1981年5月の名盤『NEUROMANTIC』の時も、ライヴは行わなかった。そして、満を持して『WHAT, ME WORRY?』でソロ・ツアー。当然それまでのアルバムの楽曲も演奏される。これが特別だった!

オープニングはインストの「WHAT, ME WORRY?」、そしてアルバムと同じ繋ぎで「IT'S GONNA WORK OUT」で幕があがると幸宏が軽快にダンスをしている。ここで観客熱狂。しかし私と、同行した後輩のY君(のちに某メジャーバンドでプロ・ギタリストとなる)が震えたのはその次の3曲目だ。「IT'S GONNA WORK OUT」まではほぼ予想通り。さて次は…なんと2年前のアルバム『音楽殺人』のオープニング、「SCHOOL OF TOUGHT」だったのだ。Y君と私は「え?ウソ?!ウソでしょ!」と感涙。前日26日の音源がYOUTUBEに上がっている。



その後も『音楽殺人』、『NEUROMANTIC』収録の思い出深い曲の数々を演奏し…本人の思い入れもあったのだろうが、それまでの数年間を幸宏のソロ・アルバムと共に過ごして来たファンには、「これ以上の体験はない」というくらいのライヴだったのだ。

ラストは『NEUROMANTIC』収録の「SOMETHING IN THE AIR」。ステージにはスクリーンが降り、PVも放映されていた。これだ。



「厨ニ時代の体験は強烈」と言われるが、高校2年夏休みの、この数時間も強烈だった。ともかく高橋幸宏の世界に100%、120%どっぷりと漬かり切った、その世界を共有した体験だったのだ。
この時のプログラムは今でも家にある。"WHAT, ME WORRY?"と書いてあるTシャツも買ったが、果たして実家のどこかにあるか、あるいはもう36年も前のこと。なくなってしまったか…。

(この時のプログラム、ホール最終公演ということもあり会場では売り切れで「引換券」を購入。8月以降に原宿の事務所まで受け取りに行くというシステムだった。逗子の海辺の男子高校生、「原宿の事務所まで?!どんな服着て行けばいいんだ?」とかなり緊張した記憶が。取りに行ったのは今は無き同潤会アパートの一室だったか…)

本当に個人的な思い入れだが、忘れられないライヴなので書いてみた。これについて語る文章が少なくて…。

.

第79回-音楽の極北

いや、なんというか、恐ろしい音楽紹介を発見してしまった…。



Music in Number Stations (1960s-2009)-冷戦時代の1960年代から2009年までの「乱数放送名曲集」である。乱数放送とはイーサネット等秘話性を持たせることの出来る有線通信、デジタル式の無線通信がない時代に、国防や諜報(スパイ活動)に関する情報を短波放送で数字の羅列で流していたもの。

短波ラジオがあれば誰でも受信出来てしまうので、まさか「**地区の軍事施設を破壊せよ」とか「**軍の幹部を暗殺せよ」と口頭で言うわけにはゆかず、謎の乱数暗号で発信していたのだが…その放送の前後に「音楽」が流れていたのだ。

これまたデジタル技術と関係があり、現在のデジタル選局式の受信機ならば目的の周波数にピッタリと合わせられるが、昔のアナログ式チューナーのラジオの場合、目盛も雑である意味「勘」で合わせるしかない。細かい目盛が切られた「直読」可能な通信機型受信機もあったが、遠く離れたアジト(?)で本国からの指示を待つ人々(工作員?)が簡単な小型受信機で選局出来るように…というわけでこれらの音楽は一種の目印でもあった。こうした音楽やチャイム等は「インターバルシグナル(IS)」と呼ばれ、一般向けの短波放送や、日本はじめ世界中の中波放送でも使われてはいる。そしてそれについては何年か前にこのブログに書いた。

しかし!乱数放送のISはともかく不気味なのだ!そりゃ放送の目的は不気味この上ないが、何もISまでこんな不気味にしなくても…というくらいだ。ただ、妙に陽気な音楽のあとに乱数放送が続く、というのもやはり(そのアンバランスさが)不気味で、どちらにしても背筋がゾクっとする。

うちの家内は一般的な海外短波放送の健全な(?)ISを「怖いよー!これー!」と嫌うが、さすがの私も-小学生時代からISを聴き続け、デスメタルもノイズも平気に享受する私でも-この「乱数放送名曲集」は怖い! しかもこの紹介者、アラビア音楽の曲名も演奏者も解明してる。スゲェ。何者だ?

そしてこのステキな音楽に続けた乱数放送に従って、いったいどこで何が起こったのか…ヒエー!!
これほど不気味な音楽の使われ方はないだろう。というわけでタイトルを「音楽の極北」とした…。

.

第78回-「ハロー神奈川」のBGMも判明してました

前回は、2014年6月に書いたニッポン放送「都民ダイヤル」のBGMが判明したという記事を書いた。

実はその2014年の同じ記事に登場した「ハロー神奈川」のBGMも判明していた。曲はサイモン&ガーファンクルの「フィーリン・グルーヴィー」のインスト版カヴァー。このHollyridge Stringsがまさに使用されていたテイクだ。



「あの曲をインストでカヴァーした人は何組くらいいるのだろう?」という地味な調査からスタートして、ひとあたり聴いて判明。この曲については実に今から20年も前にこんなコラムも書いたので感慨もひとしお。しかもニッポン放送ではもう使用されていないので、このYOUTUBEでしか聴くことが出来ないのだ。

それにしても…。

40年以上前の子供の頃、ラジオで使われていた曲を演奏者やテイクまで特定したくなるこの気持ちは一体何なのだろう?
実は当時の私は、子供心に全く逆のことを考えていた。少々ヘンな話しになるが、小学校の中盤から後半にかけて、私はこれらの曲を聴くたびに「なんていい曲なんだろう?でも曲紹介されないから誰のなんという曲だかわからないや。こんな雨の日の夕方にこの曲を聴いていたことも、この曲自体も、自分の長い人生からすればほんの一瞬のことで、大人になったら完全に忘れ去ってしまうんだろうな」となぜか考えていた。そしてそれは「ものすごくさびしいこと」だと思っていた。

しかし…人間の記憶とは不思議なもので、池上のアパートに住んでいた4、5歳以降、ラジオやテレビから流れていた曲はアレンジも含めてかなりの数を覚えているし、何割かの曲はテイクを特定しレコードやCDを買ったものもある。音楽に対する記憶やそれを追いかける感情というのは、40年や50年では消えない、冷めないものだったのだ。

印象的なのは物心付いた頃から聴いていたNHK-FM「サウンド・オブ・ポップス」のテーマ曲だろう。小学生ながら心からカッコイイと思っていた。そして「でも誰のなんという曲かわからないし、大人になったら記憶の彼方…さびしいな」と思っていた。そんな45年前の自分に教えてあげたい。

「その曲はカラベリがカヴァーした『グラン・プリ』のテーマだよ。昨日も御徒町の中古レコード屋で探したけど見つからなかった。でもいつかきっとレコードを買うよ」と。

.

第77回-都民ダイヤルの音楽が判明

LW2_w550.jpg


丁度4年前、2014年6月にニッポン放送の「都民ダイヤル」のBGMについて書きました。

ネットラジオで偶然気付いたが"A Little Bit Independent"という曲でファッツ・ウォーラーやナット・キング・コールで知られ、本来ならば知っているべき曲であること。近年はジャネット・クライン(vo)がカヴァーしており、しかもジャネット・クラインは2008年の来日公演を観ているので、「サダナリチョットニブスギルンジャネェノ?」ということ等々。

しかし、「都民ダイヤル」で使われていたテイク、演奏者は特定出来ず、「わからないままで死んで行くのカモシレナイ…」と考えていたところ…その答えは突然に。1ヶ月ほど前に、ある音楽家の方から「Lawrence Welk & His Champagne Musicの演奏です」とメールを頂戴しました。本当に本当に驚きました!

「Spotifyで聴くことが出来る」と書かれていたので、探してみると…間違いないです。このテイクです。

元々その方はLawrence Welkのファンで「放送当時からLawrence Welk なのではないかと思っていたのですが、長らく曲名がわかりませんでした」とのこと。そこで私がブログに何回も何回も「都民ダイヤル」「都民ダイヤル」と書いたのでGoogleで辿り着き、"A Little Bit Independent"が結びつき…という一種の「邂逅」です。

しかしまたしても少々口惜しい! Lawrence Welkは知っていました。1961年のミリオンセラー"Calcutta"は、「あぁ、この曲」と知っている人も多いでしょう。この曲です。名曲!



ヒントは「メロディーがアコーディオンだった」ことですね。アコーディオン奏者にしてビッグバンドのリーダー…この線で探すべきだった!!

数年前の、いや数十年前からの疑問を見事に解決して頂いたIさん、本当にありがとうございました。改めてインターネットって凄いですね。

さて、このほかにも、ここ数年でわかった曲、いまだにわからない曲、数々ありますが、それは少しずつ、このブログで。Lawrence Welkは名演多数。しばしその演奏を楽しみたいと…。

.

Home > 音楽

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top