Home > 2012年07月

2012年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第22回-弾丸マカオ旅行記・その5・さらばマカオ!

マカオ旅行記最終回。旅程3日目の帰国篇です。さらばマカオ、我が船マカオをたつとき…。

◆3日目-9:00・毎回楽しみ!リスボアのルームサービス!

最終日はこれを楽しみにしています!リスボア旧館の中華朝食ルームサビースです。

5-1-asameshi.jpg

お粥の具材は選べるのですが、私はなぜか「鯉肉団子」をリピートしてしまう。点心もウマイし、さりげなく出てくる焼きそばも日本ではちょっとお目にかかれない味。そしてなによりも、これでたったの110MOP!日本円で1000円くらいですよ。ナミダが出ますよ。お薦めです!

調理は多分、カジノの手前にある「不夜天」でしょう。不夜天自体は200MOPくらいで食べ放題なので、今度そっちにも行ってみようかな。

冷蔵庫の中のビール(ちなみにフィリピンのサンミゲルです)は飲み放題なので、このルームサービスとビールで朝から楽しめます!

5-2-asaboa.jpg

ホー一族なみに、新旧リスボアを両手に収めるワタシ。カジノでボロ負けして「お手上げ」という感じもしますが…(実際、今回は負けました…)。

◆3日目-12:00・フェリーターミナルで「アップストリーミング・チェックイン」

さて、ゆっくりと朝食を摂ったり、最後の最後でもう一回カジノを覗いたりしたのち、12:00にフェリーターミナルに行きました。
ここで、到着時に「まだ早すぎるよキミ!」と言われた「アップストリーミング・チェックイン」を試してみます。

アップストリーミング・チェックインとは、「フライト時刻の2時間半前までに、手数料20HKDを支払うと先着数十名まで、香港国際空港から遥か離れたマカオのフェリーターミナルで帰路便のチェックインが出来る」というもの(ご注意:エアライン数社限定です)。

香港国際空港スカイピアのカウンターにはフェリーの乗客が一気に押しかけることになるので、事前に、好きな時間に待たずにチェックイン出来るこのシステムは便利です。ここでチェックインしてしまえばスカイピアではカウンターを素通りして、いきなり出国審査に進めます。まぁ、だから、9.11以前の箱崎とかYCATとか、京急品川駅みたいなモンですね。

ところがここで小さな失敗を…「カウンターを素通りして、いきなり出国審査」ということは、座席もここで決まってしまうんですね。しかもフェリーの職員なので、こちらからガンガン言わない限り、適当な席を適当に発券して、特に事前の確認もナシ。結構うしろの方になってしまって、「もっとツッコムべきだったなぁ」と思いました。

5-3-jousenn.jpg

≪メモ8≫ちなみに帰路12:30のフェリーも事前に日本からネット予約していました。「中国の祝祭日に当たると満席になることもある」「中国系の団体が同乗するとスカイピアでのチェックインに1時間かかることもある」そうで、「フェリー事前予約。フライトはアップストリーミング」が最善策でしょう。

◆3日目-12:30・フェリー乗船、さよならマカオ!

マカオのフェリーは「帰路便香港発の3時間前まで」だったと思うので、もし帰国日の前日、なにかのついでにターミナルに寄り、アップストリーミング・チェックインを済ませておけば(=フェリー出航/フライト時間制限が2時間30分に短縮される)、組み合わせによっては1本後=1時間後のフェリーで良く、最終日のマカオを1時間長く楽しめる、例えばどこかでリッチな昼食…も可能です。
我々は「香港空港でマッタリしよう」ということで、16:15のフライトに対してあえて余裕のある12:30のフェリーに乗りましたが。

5-4-sensei.jpg

フェリーは「豪華位」なので軽食が出ます。美味しいサンドイッチを期待しましたが、またしてもロールサンドでした。残念。ジュースはもちろん「果汁先生」です。

≪メモ9≫なんとここで!ベロンベロンに泥酔した日本人のオッサン観光客が「乗船拒否」されていました。職員数人に両腕を掴まれて、ギャーギャー騒いで。日本の恥。何しに来たんだオマエは?よく「泥酔者は乗船をお断りすることもある」と書いてありますが、マカオの場合は本当に「お断り」されるのでご注意。帰りのフライトとか、旅程メチャクチャでしょうに…。

◆3日目-13:15~16:30・香港国際空港。ここはマカオではない!

13:15に香港国際空港のスカイピアに到着。到着ゲートで二手に分かれて、アップストリーミング・チェックイン済み組は出国審査に直行です。「下船-出国審査-空港税の払い戻し-トラム乗車」で出国フロアに到着。

フライトまで3時間ありますが、広い空港で楽しみも多いので、お土産を買ったり、軽食を摂ったり、フラフラしながら時間を潰します。ここで「忘れないうちに」と今回の旅行のポイントをカミサン=猫嫁と書き出したんだった。まぁ「反省会」でしょうか。

5-5-kuko-1.jpg

キャセイ多すぎで「ここはキャセイの駐機場か?!」とツッコミたくなる香港国際空港。乗るのはこちらのジャンボです。

5-6-kuko-2.jpg

≪メモ10≫マカオで取られた座席がイマイチだったので、実は下船直後に一度スカイピアのキャセイカウンターに行きましたが、フライトまで3時間あるのに前方の席はすでに満席で変更出来ず。マカオでの座席指定、重要です!

◆3日目-香港16:30-羽田21:20-モノレール21:37-天王洲21:55で22:05帰宅

窓から見た雲海。ナビによると台湾上空の模様です。

5-7-kiro.jpg

羽田とかモノレールとか天王洲とかの写真はナシ。地元ですので(苦笑)。機内食もたいしたもんじゃなかった。キャセイさん、ミールもう少しがんばりましょう。
金曜発-日曜着だったので、翌日はフツーに会社です。22:00帰宅ならば、しっかり寝れば、まぁ、翌日8:30出社もどうにかなる。

しかし羽田と自宅が近いのも考えモノ。「旅の余韻」が全然ないんですよ(苦笑)。帰りはとてもあっけなく、いや、極めてスムーズに自宅まで辿り着きました。以上、弾丸マカオ旅行記でした。


※本旅行記はあくまで記憶に基づいた個人旅行の記録で、移動・乗継時間、チェックイン等の手続きを保証するものではありません。本ブログの文章・情報等に基づいて被ったいかなる被害についても管理人は一切責任を負いかねます。

Home > 2012年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。