Home > 2016年01月

2016年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第61回-フェイク・エスニック1989-前編

1980年代の終わり、88~89年頃、全世界的に"ワールド・ミュージック"の大ブームがあった。どのエリアの音楽が流行ったかというと「全世界」。例えばアフリカからはサリフ・ケイタ(マリ)やユッスー・ンドゥール(セネガル)が、イスラエルからはオフラ・ハザが(←マジで最高だから聴いた方がイイ!!)、インドネシアからは"ダンドゥットの女王"エルフィ・スカエシが日本に紹介され大人気に。

他にもシンガポールのディック・リー、香港からはサンディ・ラムなどなど。この頃のアーティストならばいくらでも思いつく。渋谷LOFTの抜け道のようなところ、今は季節商品を売っているあたりが「WAVEエスニック・ガーデン」という名前でこの種のCDの専門店になっていた…というのもずいぶん懐かしい話だ。CD棚が体陸別、国別の仕切りになっていたのだから、それはまぁ、かなりのボリュームと売上を伴ったブームだった。大学の帰りにしょちゅう行っていたなぁ…。

冒頭から民族のココロを伝えるワールド・ミュージックを非常に熱く語ったが、さて、当時の私(大学の3年から4年)はどうしていたかというと…前述の正統派も聴いてはいたが、非常にキワドイ、フェイキーな2バンドに夢中になっていた。3ムスタファズ3とブレイブ・コンボだ。

3ムスタファズ3は「バルカン半島の"シェゲレリ村"からやって来た腕利きの6人組。名字は全員"ムスタファ"」ということになっていたが、実は全員イギリスのセッション・ミュージシャンらしい。特にベースのSabah Habas Mustapha(サバ・ハバス・ムスタファ)に至っては早々に面が割れており、アンドリュー・ラティマー(g, vo)がいたプログレバンド、キャメル(CAMEL)のベーシストColin Bassその人だ。1951年ロンドン生まれ、だわな。
インタビューなども全くのフェイク。この記事を書くために「ミュージック・マガジン」1989年10月号のロング・インタビューを読んでみたが、「我々の叔父さんは冷蔵庫の密造と密輸をやっている」等々、読めば読むほど混乱して来た。

しかし驚くべきはそのサウンドで、バルカン半島~アラブ圏の広域なサウンドを忠実に表現。しかもロンドンの名うてのスタッフ(リリースはグローブ・スタイル・レーベルだった)が参加しているので、最新のダンス・ミュージックのエッセンスもふんだんに取り入れられており、オリジナルのワールド・ミュージックよりもこちらの方が良い…と思ってしまったのが間違いだったか?!(苦笑)

(実は前述のホンモノの歌姫・オフラ・ハザのバックバンドから発展したという説もある。まぁなんというか、アグネス・チャンのバックでカントリー・ロックを演っていたムーンライダーズ…という例えはちょっと違うか?!)

バンドの同様、サウンドの想像も付かないかと思うが、まぁ、まずは1曲これでも聴いてみて欲しい。この美しさたるや…。



1989年10月には渋谷・クラブクアトロでまさかの来日公演。そしてこのステージを私は最前列で観ている。大学3年の秋。狂ったように盛り上がっていたよ。一緒に行った女の子がなんと上の写真にある「トルコ帽」をかぶってきやがって、私は洒落のないありふれた格好だったので、悔しくて悔しくて…。上の"Shika Shika"はライヴでも演った。途中のブレイクっぽいところが死ぬほどカッコ良くて、「スゲェバンドだ!」と震えた記憶がある。

バンドは世界的にもソコソコの人気を得つつ、ワールド・ミュージック・ブームの鎮静化と共に活動停止、というか元のセッション・マンに戻ったのだろう。

ちなみに前述のColin Bassは別名のSabah Habas Mustaphが気に入ってしまったのか、同名義でのアルバムを1998~99年、2004年にも発表している、と思ったらColin Bass名義でソロアルバムも、再結成したCamelの新作も出している。自由な人だなぁ。1997年には自らインドネシアのバンドンにKartini Music Recordを設立して、その活動はBBC Radio 3のワールド・ミュージック・アワードにもノミネートされているようだ。怪人物…。

ここはColin Bass、じゃなかったSabah Habas Mustaphでもう1曲。3ムスタファズ3最大のヒット(?)"Linda, Linda"。ベースヴォーカルが彼です。



ううむ、「フェイキーな2バンド」と書いたがムスタファズでこんな長文に。後編に続く!

Home > 2016年01月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。