Home > 2016年10月

2016年10月

第68回-記憶の曖昧さと天国と地獄

yamazaki.jpg

2008年にノーベル物理学賞を受賞した益川敏英博士の逸話で、大学院時代に仲間と観た映画で「登場人物が赤い服を着ていた」、「いや青だった」と議論になり、確認するためにもう一度観に行ったところ白黒映画だったというのがある。

人間の記憶とはかくも不確かなものか、という実例だが、実は我が家にもよく似た話がある。

両親も私も、黒澤明の現代劇の傑作『天国と地獄』(昭和38年・東宝)の大ファンなのだが、この映画のとても重要なシーン…要するに刑事たちが犯人を追い詰めてついに逮捕するシーンについて、「あそこで流れる『真珠貝の歌』がいいよね」と語り続けて来た。
両親は昭和38年の公開時に観て、以降、名画座やTVで何回か観て、私は1978年、中学1年の時にイバイバル上映で、2年後にTVでの2回しか観ていなかった。

「緊張したあのシーンにムード音楽を重ねて来るとは! あのセンスが凄い!」、「鎌倉の海沿いで、しかもラジオ関東の番組からという設定にシビレるね」等々、絶賛に次ぐ絶賛なのだが…。

1990年代の半ばだったと思う。ついに「もうガマン出来ないからヴィデオを買おう」ということになり、まだ高価だったセルビデオを購入、土曜日の晩に家族3人で上映会を行った。

ところが逮捕シーンで流れるのは「真珠貝の歌」ではなかったのだ。

あえて曲名は書かないが、誰でも知っている少々大仰な、面白みのない曲だった。顔を見合わせて愕然とするサダナリ家3名。十数年間語って来たあの記憶は一体何だった?!
「このヴィデオ、違うヴァージョンなんじゃないの?」、「この選曲はダメだ! 『真珠貝の歌』の方が絶対イイ!」などなど、世界のクロサワも散々である。

他のシーンで流れたのを勘違いしていたのか、それにしては強烈すぎる。共同幻想というか、集団催眠というか…。人間の記憶なんてこの程度のものなのかとつくづく不思議に思っている。そしていまだに「この選曲はダメだ! 『真珠貝の歌』の方が絶対イイ!」とも考えている…。

Home > 2016年10月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top