Home > 2018年03月

2018年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第76回-国民的俳優と映画の国際性-その2

Bae-Doona-Nicolas-Ghesquiere-Vogue_h550.jpg

面白いと思うのは韓国人女優、ペ・ドゥナの活動だ。彼女を最初に観たのはかなり古く、もう15年前、2003年だった。ポン・ジュノ監督の長篇デビュー作『ほえる犬は噛まない』を日本公開早々に観に行き、当時二十歳ちょっとだったペ・ドゥナを知った。あの映画、ペ・ドゥナも良かったがそれ以上にうだつの上がらない大学の非常勤講師を演じたイ・ソンジェの印象が強烈で、「かわいい女優がいるな」くらいの印象だった(イ・ソンジェがブラインドを閉めるラストシーンは秀逸)。

ペ・ドゥナを凄いなと思ったのはその次の『子猫をお願い』(日本公開2004年)だ。映画自体も傑作。ペ・ドゥナも骨のある演技で実に良かった。当時世界的に巻き起こっていたガーリー・ムーヴィーに対する韓国からの完璧な回答。また舞台が空港と港の町、仁川というのも良かった。私の出身地である蒲田、羽田付近に通じる空気感があり…というようなレビューを当時ある雑誌に執筆した。

そして彼女は海外の映画に出演することになる。2005年の日本映画『リンダ・リンダ・リンダ』、2009年に同じく邦画の『空気人形』、そして2013年には4ヶ国合作の『クラウド・アトラス』。
いずれも映画館で観たが、なんというか、映像作家ならば「存分に使ってみたい!」というキャラクターなのだろう。その魅力は何にでもなれる素材としての素晴らしさだと見た。日本に留学した女子高生役もあれば魂を授かってしまったラブドールなんて難役にもハマル。『クラウド・アトラス』では22世紀の女神を演じ、その直後、2015年の『私の少女』では化粧ッ気のない田舎の婦人警官まで(『グエムル』の時のアーチェリー選手役も良かった)。
実は彼女は身長が170cmを超えており、スタイルも抜群。先頭の写真はヴォーグ・コリアの表紙だが、Louis Vuittonのモデルを務めたときの写真も載せてしまおう。

Doona-Bae-h550.jpg

ただ正直なところ海外作品ではまだ決定的な作品には出会っていないような気もする。いま挙げた中では『子猫をお願い』と『空気人形』が良かったが、いやいや、まだまだ。個人的にはスパイク・ジョーンズかソフィア・コッポラあたりの映画に出演して欲しいとも。

今回、このブログを書くためにかなりの量のペ・ドゥナの写真を見たが、雰囲気的に水カンのコムアイや市川実日子に似ていると思った。「こんなに世界中から声のかかる女優がいるなんて韓国映画界は羨ましいな」と思ったが、ペ・ドゥナと市川実日子は年齢が1つしか違わない(ペ・ドゥナがひとつ下)。身長やスタイルもほぼ同じだ。ペ・ドゥナがあそこまで重用されるならば、市川実日子も…。

Home > 2018年03月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。