Home > スポンサー広告 > 第16回-谷啓さんのこと・その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://sadanari.blog16.fc2.com/tb.php/17-9a51ea45
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from サダナリデラックスブログ

Home > スポンサー広告 > 第16回-谷啓さんのこと・その2

Home > 音楽 > 第16回-谷啓さんのこと・その2

第16回-谷啓さんのこと・その2

Kei Tani, trombone, 1932-2010


1年以上空いてしまいましたが、谷啓さんの追悼文その2。

ハナ肇と谷啓の最後の仕事が、ジャズフェスでのライヴ演奏だったというのは意外に感じるでしょうか。テレビのバラエティ番組でもなく、映画や舞台でもなく。

ハナ肇が亡くなったのは1993年9月10日、ステージはそのわずか1カ月半前。トロンボーン谷啓のほか、ピアノ宮川泰、テナー稲垣次郎など錚々たるメンバーからなるハナ肇のリーダーバンド「ハナ肇&オーバー・ザ・レインボー」で、神戸で、実に1時間半も演奏したそうです。ハナ肇は最後まで"ジャズメン"であり、谷啓との関係は最後まで"バンドマン"、"ドンバ"であったというのが泣けて来ます。

私がクレイジーのメンバー(および荒井注を含み志村けんを除くドリフのメンバー)に異常に惹かれるのは、どうしようもないくらいに匂って来る"ミュージシャン臭"からです。

谷啓さんも、ぷんぷんと匂っていました。「ミュージシャンはパートによって性格が決まる」とも言われますが、また「トロンボーンと谷啓」という組み合わせが絶妙でした。一見とぼけたようで、それでいてリリカルに、真剣にキメるときはキメる。はたして谷啓がトロンボーンを選んだのか? あるいはトロンボーンが谷啓を選んだのか? という気すらして来ます。

私はある媒体で読者からの「ジャズQ&A」に答える仕事をもう数年間やっているのですが、思い出したように、1、2年に1回送られて来るのが谷啓さんのボントロの力量を訊ねる質問。
不勉強ながら直接聴いたことがなく、ヴィデオや映画からの判断となりますが、まぁ、正直なところ今風、モダンジャズ風のバカテクではないですよ。向井滋春や村田陽一のようなテクニシャンとは別のところ、デキシー、スウィングからモダン前夜、1930~40年代のマッタリとしたサウンド-日本では「中間派」なんて呼び方もあるようですが-を吹かせたら天下一品、と考えています。そんな谷啓さんも1980年頃にはモダンに接近していた時期もあり、向井滋春とのジョイントもたまに演っていました。

ドリフのことは改めてじっくりと書こうと思っていますが、いかりや長介が死去の直前にキリンラガービールのCMでその出発点とも言えるベース演奏(しかも巧い)で注目を浴びたのは本当に良かったと思っています。
そういった意味では谷啓さんの場合は、クレイジー全盛期から最晩年まで、絶えずトロンボーンと共に語られ、画面には出てこなくても、谷啓さんの身体のそばに絶えずトロンボーンの影があった、本当に生涯ミュージシャンであったような気がします。そんな芸能人、珍しいですよ。
役者としての谷啓さんと、ミュージシャンとしての谷啓さんを結ぶ『会社物語』(1988年・監督市川準)という傑作映画もありますが、これについて書き始めると止まらなくなるのでまたの機会に。

最後にいくつかのことを。谷啓さんの出身校、逗子開成高校の音楽室には、正面舞台上の一番良いところ-普通ならば時計やチャイム用スピーカーの付いているところ-に谷啓さんのサインが飾ってあります。その裏側、音楽準備室の吹奏楽部用楽器庫のボントロの扉には、谷啓さん直筆の「ガチョ~~ン!」が書いてあります。

いまでもそのままかどうか、私も逗子を離れ、何十年も校内に入っていないのでわかりませんが、すくなくとも、私が通学していた頃はそうでした。
こんなにミュージシャン臭のことを書いておきながら、私自身はもう何年も演奏をしておらず、臭いはおろか雰囲気すらなくなってしまったかも。偉大な先輩を見倣って、死ぬまで演奏を続けなければ…。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sadanari.blog16.fc2.com/tb.php/17-9a51ea45
Listed below are links to weblogs that reference
第16回-谷啓さんのこと・その2 from サダナリデラックスブログ

Home > 音楽 > 第16回-谷啓さんのこと・その2

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。