Home > スポンサー広告 > 第20回-弾丸マカオ旅行記・その3・マカオの夜とアフリカ・チキン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://sadanari.blog16.fc2.com/tb.php/22-1c42ba26
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from サダナリデラックスブログ

Home > スポンサー広告 > 第20回-弾丸マカオ旅行記・その3・マカオの夜とアフリカ・チキン

Home > 旅行記 > 第20回-弾丸マカオ旅行記・その3・マカオの夜とアフリカ・チキン

第20回-弾丸マカオ旅行記・その3・マカオの夜とアフリカ・チキン

またまたおまたせしました。マカオ旅行記の第三回です。

前回は「マカオ上陸からチェックインまで」でした。移動時間の参考になりそうな内容もありましたが、今回は…旅程の関係から時間がタップリありまして、「日暮れから夜遅くまで、マカオの街を楽しみました」というありふれた内容になってしまうんですよ(苦笑)。

「ここからここまで何分です!」、「こうすれば効率的に楽しめます!」という趣旨の旅行記なので、さてどうしたものか…アフリカ・チキンについて書きましょう。

突然ですが、アフリカ・チキン(非州辣鶏)です。私の大好物です。これを食べるためにマカオに行っていると言っても過言ではありません(ネットでは「アフリカン・チキン」とも書かれていますが、我が家では「アフリカ・チキン」と呼んでいます)。

このアフリカ・チキン、非常に不思議な料理で、名前は同じでも店によってレシピも味も全く違います。その起源とかは適当にGoogleで調べてもらうとして(笑)、まず2011年10月のマカオ旅行、初日の晩に食べたのはこちらのお店、「プラタオ(丸如坊)」でした。

65_large.jpg

霧に煙るなんとも幻想的な店構えですが、オートフォーカスに失敗したかな(苦笑)。こちらのアフリカ・チキンはこんな感じでした。

77_large.jpg

いきなりですが、これが意外な味。パプリカやターメリック、ココナッツで甘辛く、真っ赤になっているのがアフリカ・チキンだと思っていたのですが、なんだか鶏のテリヤキみたいで…ところが!これがうまい!黒っぽいソースに中華ともエスニックともつかない「甘苦い」味がついていて、「これはこれでスゴイ!」という感激が。

そして思い出したのが2011年に閉店した日本唯一のマカオ料理店、恵比寿「ラザロ」のアフリカ・チキン。「なんだよこれ。ファミレスのテリヤキ・チキンじゃん。何がやりたいの?」と酷評していたが、このプラタオのレシピを再現したかったのか…再現出来てなかったですがね(笑)。

このプラタオ、メニューにはアフリカ・チキンと書いていないようで、口頭でオーダーすると出てきたように記憶します(追記・猫嫁曰く「スパイシー・チキンとかなんとか書いてあったような気も…。実は違う料理かも?」)。ここは店内よりも店頭のオープンテラスがいいですね。楽しいディナーでした。

さて、2011年10月、2日目に食べたのがタイパ島「オ・マヌエル」のアフリカ・チキン。

252_large.jpg

この店のチキンは非常にドライなところに特徴があります。しかし基本的なレシピはパプリカやターメリックなどアフリカ-インド-中国風。食べやすいのであっという間にたいらげてしまいます(笑)。お酒との相性はマカオ一でしょうね(追記2・猫嫁発言再び「ここもグリルド・チキンみたいな呼び方だったのでは?『アフリカ・チキン』ってカンタンに使えない名前なのかも?!」)。

さて次は前回2010年5月のマカオ旅行から。元祖アフリカ・チキン、福隆新街「佛笑樓餐廳(本店)」の一品です。

44_550_new.jpg

個人的にはここのチキンが一番好きです。このソースが絶品! この料理を発案した、元祖の、しかも本店で食べられる嬉しさに、写真も撮らずにナイフを入れてしまい、カミサンから「齧る前に写真!」と言われて撮ったのが上の一枚(笑)。
繰り返しになりますが、私はここのアフリカ・チキンが世界一美味しいと思っています。お店も雰囲気タップリ&内装は非常にモダーンで素晴らしい!

こちらも2010年5月のマカオ旅行で食べた「ソルマー」のアフリカ・チキン。

solmar_tate.jpg

これがねぇ…ご覧の通り巨大なカタマリがこれまた巨大なポテトと一緒に出てきて、レシピは私好みのソースたっぷり。「こりゃイケそうだ!」と思ったのですが、この鶏肉、半分くらいが骨と筋!

カミサンと二人で黙々と解体作業を続け、手はベトベトになり、食事してるんだか、実験してるんだか…。ソースは悪くなかったですが、前日の佛笑樓が素晴らしすぎたので、比較の結果「ここはイマイチ」となってしましました。もうちょっと部位を選んで、下仕事をして欲しいなぁ…。

というわけで、マカオ旅行記第三回は特別編。アフリカ・チキン人気の4店食べ比べでした!


さて、プラタオでディナーを楽しみ、大好きなカテドラル広場(中国マカオ大堂前地)あたりを散歩して…(猫嫁撮影。後姿が私)

95_large.jpg

ホテルに戻ると…どわー! 窓からの眺めがコレ!

300_large.jpg

カーテン閉めてもこんな感じで笑うしかありません(笑)。

107_large.jpg

いやいや、結構なお部屋をありがとうございます。リスボアさん。
初日は終了。二日目のコロアン、タイパ行きに続きます。


※本旅行記はあくまで個人旅行の記録で、移動・乗継時間、チェックイン等の手続きを保証するものではありません。本ブログの文章・情報等に基づいて被ったいかなる被害についても管理人は一切責任を負いかねます。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sadanari.blog16.fc2.com/tb.php/22-1c42ba26
Listed below are links to weblogs that reference
第20回-弾丸マカオ旅行記・その3・マカオの夜とアフリカ・チキン from サダナリデラックスブログ

Home > 旅行記 > 第20回-弾丸マカオ旅行記・その3・マカオの夜とアフリカ・チキン

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。