Home > 日記 > 第25回-テレビのおわりに…

第25回-テレビのおわりに…

少し前に「チャイムやラジオのIS(インターバル・シグナル)にシビれる」という文章を書きましたが、同様にテレビの放送開始・終了時の局名告知-「ジャンクション」「クロージング」と呼ぶそうです-にも異常に惹かれます。
まぁ、これはウチのカミさんじゃなくても「怖い!」という方が多いですが(苦笑)。

目覚ましをかけて早起きして、まず各局の白黒のテストパターンをノートに描き写す。つぎに時計を睨みながら、各局の放送開始のジャンクションをアタマに焼き付ける。これが小学生の頃の夏休みの日課でした。もう40年も前の話で、当時はビデオなんてなかったですからね。

さて、このクロージング、去年の夏にちょっと話題になりました。2011年7月25日午前0時の地上波アナログ放送終了時に、各局が「アナログ放送のレクイエム」とでも言うべき、様々な映像を流したんですね。気になったので全国各地のものをYOUTUBEで観てみましたが、どうやらいくつかのパターンにわかれるようです。

◆1.なんとなく今風のCG、ビデオを流してオワリ

これは(在京では)TBS、フジ、テレ朝、テレビ東京など。ネットを見ると実に評判が良くない(笑)。特に「TBSの旧ジャンクション”ガラス棒”が観られるんじゃないか」、「フジは何かやってくれるんじゃないか」が裏切られて、この2局は評判が宜しくないですな。
確かに小学生の頃に一番好きだったのはTBSの”ガラス棒”。あれは観たかったなぁ。フジもお台場移転の時は感動的なクロージングを流したのに…。これは観ても面白くないのでリンクなしです。

◆2.昔のフィルムや社屋の写真を流す

大阪のABC朝日放送とよみうりテレビが同じことをやっていまして。これはちょっとグッと来ます。しかし秀逸なのは東日本大震災の影響で半年遅れて停波した東北放送。凝りすぎてもう短編映画のようになっています。そしてBGMがあの曲。ちょっと長いけど最後まで観ないと損しますよ!というか、最後に仰天します。コールサイン表示と白黒のテストパターンが…!!(驚愕!)



よく残ってたなぁ。これ局員号泣だったろうなぁ…。
記録映像を観ると中継所の開所時に記念式典が開かれていて土地の踊りが披露されています。関東圏の独立U局、チバテレビやテレビ神奈川ではこうはならないわけで、地方テレビ局の特別な位置づけを感じますね。感慨深いなぁ…。

◆3.昔のクロージングを流す

日本テレビが傑作「鳩の休日」を堂々と復活させ大評判でした。しかもカラー初期のサックス版だそうで。個人的にはフルオーケストラ版も好きなんですが…。



作曲は深井史郎。東映時代劇の音楽をたくさん書いていて、萬屋錦之介の出た『ゆうれい船』('57)などは私も観ました。
そういえば読売交響楽団がいつかの定演でこの曲をやって、場内大喝采だったという話も聴いたことがあるな。

そして!これも泣ける!NBS長野放送は放送開始当時のアニメを使用。「最後はアレにしましょうよ」という話になったんでしょうね。しかも画像の状態が良い!
よく観ると最新の送信所の空撮から昔のアニメにものすごく綺麗にフェードインしてるんですよ。ここに局員の愛があるなぁと感動しました。いろいろ観たけど、これが一番良かったかなぁ…。



さらに!日本でも屈指の「怖さ」で知られたRCC中国放送はこのために昔と同じ映像を撮り直したというウワサまで!画質と演奏者からすると、最も後年に撮った古いビデオじゃないかなー…。



ちなみに日本一(世界一?)怖いクロージングがこちら↓。放送も終わるけど人類、いや銀河系も終わりです。この子は星になってしまったんだね。自己責任でどうぞ…。
http://www.youtube.com/watch?v=FBNSxZg0ON8

---

それにしても地上波アナログの終了って、なんでこんなに人々に感慨を与えるのか? なかには「本当はこんな風に終わって欲しかった」と自作の動画をアップしている人までいて。

かなり不思議です。「またひとつ、昭和が終わった」ってヤツでしょうか…。
スポンサーサイト

Comments:2

Saori URL 2012-09-22 (土) 09:09

サダナリさん

こちらでは初めましてhi 局名告知、私も好きで、小学生の時はサダナリさんと同じことをしていましたよ(笑 ただ、私の世代だと、ナショナルマックロードで録画して、いろいろ録りためてました。今となっては貴重なテープだったのですが、うちの父が、「志村けんのおもしろビデオ大特集」を勝手に録画して、全部消えてしまいました(笑 時代は変わって、今はYouTubeで当時私が見ていたものを再び見られる機会もあり、嬉しく思っているところです。まさに「邂逅」です。

ところで、TBCのアナログED、なかなか凝っていますね。鳴子中継局は、2006年頃に見に行きましたよ。Vの中継局はスーパーターンを間近で見られることもあって、とても楽しいですよね。それにVだと、そのほかにも、2ダイポール、コーナーリフレクター、八木など、送信空中線にもいろいろバリエーションがあって、眺めるのが楽しみでした。Uはほとんどが2L/4L/6Lのx段y面方式なので、おもしろみが無いです(笑 うちの主人とは「めしべ」と呼んでいます。美ヶ原のTSB本局は、ジャバラのような形をしていて、こちらは「イモムシ」と呼んでいます(笑

デジタルになってから、局名告知もCGとHDカメラ多用の、あたりさわりの無いものになってしまいました。アナログの頃は各局趣向を凝らしていて、良かったですね。アナウンサーの発声方法も、今とは違ってもっとハキハキキビキビしていました。

ちなみに我が家は、私が「銀河系/今様」、主人が「ガラス棒」の地域の生まれです。「怖い」コンビですね(笑 JOAR-TVは、放送開始「貝殻少女?」はとてもさわやかですが、終了は強烈なインパクトですね。あれは小学校でも、とても話題になりました。もちろんブームの火付け役は私でした(笑 あとはJOCI-TVはCGでしたが、センスがあってきれいだったので好きでした。今でも、その時の名残で、私は「愛」という文字を書く時に「心」部分を「V」のように書いてしまいますね、ロゴと同じで(笑 ここだけ読むと何を語っているのか、という感じですが、「テレビ愛知」の「愛」ですよ(笑

地元にいた時は隣の静岡県のテレビも越境受信していて、JOQH-TVとJOSH-TVは好きでよく見ていました。日によって受信状況が変わったので、局名告知を録画するだけでも、結構楽しめました。東京に来てからは、何と言ってもJOAX-TVは好きでした。鳩の休日は名作ですね。それからJOTX-TVのモザイク版。極めつけはJOCL-TVの開始終了アニメーションと、JOUS-TVの終了アニメーション。私が東京に来た頃は、今の主流と、昭和50年代テイストのものが、在京局の間でも混在していましたね。前者は、JOAK-TV、JOKR-TV(当時。現・JORX-DTV)、JOCX-TV、JOEX-TV、JOMX-TV、後者はJOAX-TV、JOTX-TV、JOUD-TV、JOUS-TV、JOKM-TV、JOCL-TV、JOML-TVでした。

定成寛 URL 2012-11-20 (火) 21:10

Saoriさま>
コメントありがとうございました。すっかり返信のタイミングを逸してしまい失礼しました。
私はともかくTBSの”ガラス棒”が好きな子供でした。夏休みは早起きして「テストパターン~ガラス棒」をいつも観ていました。続けて「パーマン」の再放送をやっていましたが、これがなんと白黒。トシがバレます(苦笑)。
冬休みも早起きしてCXで「プロ野球ニュース」の再放送を観ていました。これはいつもプロ野球選手の似顔絵をハガキに描いて送っていて、出来が良いとCM前に名前入りで一瞬映るからですが…採用されたことはなかったです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sadanari.blog16.fc2.com/tb.php/27-8884a58c
Listed below are links to weblogs that reference
第25回-テレビのおわりに… from サダナリデラックスブログ

Home > 日記 > 第25回-テレビのおわりに…

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top