Home > 日記 > 第5回-昭和の記憶

第5回-昭和の記憶

20090129d.jpg


前回、前々回と少々硬めの文体で映画のことなどお話ししたので、今回は他愛のないことをユルメに。

最近、酒飲み話で、「我々の世代は、昭和の記憶で止まっているのではないか」という話題が出た。一体どういうことか?

例えば野球のチームを考えてみる。「日本ハム、ロッテ、近鉄、阪急、南海。西武またはクラウンまたは太平洋クラブライオンズ」については、正式名称はもちろん、フランチャイズの球場名も、監督名も完璧に言えるが、逆に現行のチームについては怪しい。オリックスは、えーと、バッファローズだけど、元は阪急で、でも楽天は、あれ?!
選手について書き始めると、本が一冊出来てしまうので我慢するが(苦笑)、監督で言えば大沢親分、金田ダンス、作業服の広告に出ていた西本、線審に抗議して1時間20分も日本シリーズを止めた上田、プレイングマネージャーだった野村、ライオンズは稲尾から江藤。江藤も選手兼任だったな。そのあとは鬼頭とか根本とか、地味な感じで成績も低迷(笑)。

銀行もそうだ。「三井、三菱、住友、第一勧銀、富士、三和、太陽神戸、協和、埼玉、拓銀、東海、埼玉、東京」あとは長銀と日債銀かな。えへん。えへんじゃない!! 就職活動の時に一所懸命覚えたこの旧都銀13行+2行が、現在どのようになっているかを正確に言えたら、はじめて「えへん」なのだ。金融関係者ならともかく、電線屋の私には難しいなぁ。
商社も同じだ。「三菱、三井、住友、丸紅」は存命だが、「日商岩井、トーメン、ニチメン」に豊田通商を加えて、今は双日と豊田通商か。日商岩井なんて言ったら、生き馬の目を抜くような会社だと思っていたがなぁ。三菱は一次で落ちたけど、トーメンは二次面接まで進んだなぁ…。

身近なところでは、ガソリンスタンドなんてのもある。「モービル、シェル、ゼネラル、出光、大協、丸善、共同、日石、三菱、昭和」なんて名前を、CMソングやエッチなポスターと共に思い出すが、さて、いまは? JOMOやコスモと言われてもねぇ…。私の父親は、1970年代にモービル石油の広告や文化事業の仕事をしていたが、いまや「エクソンモービル有限会社」とは?! まぁ、スタンドはまだ存続しているようだが。

そして極めつけは政党だろう。圧倒的多数の自民党、対抗しているのは社会党、微妙な位置の民社党、労働者のための共産党、今ほど議席を持っていなかった公明党。あとは諸派で、新自由クラブ、社民連…こんな名前ならば、何も見ずに言えるが、現行の政党となると、うーん。中ピ連の榎美沙子が作った「日本女性党」や、東郷健センセイの「雑民党」は良く覚えているのに。「国民新党」と「新党日本」の違いなんて、「竹本孝之」と「ひかる一平」ほどもないだろう。
ついでに言うと、大臣もなぁ…。大蔵大臣といえば宮澤喜一、外務大臣は安倍晋太郎。どっちも死んでるよ(苦笑)。よど号事件で身代わりになった「男・山村新治郎」は運輸大臣と農水大臣だったか。自民党に置いとくにはもったいないくらいの豪傑だったけれど、気の毒な死に方をしたなぁ…。

とまぁ、この記憶の「固まりっぷり」は何なのだろうと考えると、「社会全体が"55年体制"にハマっていた」という気がする。国内は与党・自民党と野党・社会党の対立、海外は米ソ、東西の冷戦体制。経済は成長を続け、'70、'80年代はオイルショックもあったが土地バブルもあり、企業社会は"業界内に多少競合社数があっても十分に喰って行ける時代"だったのだろう。
それが、1990年代に激しく変わってしまった。なんだかよくわからない政党が出てきて、よくわからない政治をはじめて、大きな政党、企業はつっくいたり、潰れたり。

'93年の細川内閣成立と、自民党の下野が55年体制の終焉だと言われているが、それから20年近く、企業も政党も世の中も、混乱が続いているような気がするなぁ。それまでの40年は、ほぼ変化なく継続していたのに(それこそ「護送船団」か)。

この55年体制、高度成長期時代の記憶、世代によって違いがあるんだろうな。昭和40年、1965年生まれの私は、そこに属する最後の世代かもしれない。ここに書いてあることを見て、「ワケわかんナイ」と言うのは、5歳下か、10歳下か、さて…。


≪今回のお楽しみリンク≫すいません忘れてました。追加します。

◇「西鉄ライオンズと平和台球場の栄光と挫折」我が広島も熱いけど、福岡も熱い!
http://www.youtube.com/watch?v=MZA4DfUfpjY
◇「ワンサくん オープニング」三和銀行キャラクター。ソフビ人形持ってたなー…。
http://www.youtube.com/watch?v=FyWq5E9AQ4Y
◇「丸善石油・猛烈ダッシュ」Oh!モ~レツ!!小川ローザ。これを忘れるわけには!
http://www.youtube.com/watch?v=b5dgWaRsjI4
◇「よど号事件」犯人のひとり若林盛亮はサイケバンド「裸のラリーズ」のベーシスト!!「われわれは明日のジョーである」
http://www.youtube.com/watch?v=ZbGf7doMECw
スポンサーサイト

Comments:3

papayoyo URL 2010-09-01 (水) 22:21

サダナリさん、はじめまして。
サダナリデラックスからこちらへ寄せていただきました。
恥ずかしながら、音楽、特にJAZZの方面で知る人ぞ知る貴兄の存在は、
つい最近まで全く存じ上げませんでした。
サダナリデラックスに辿りついたのも、JAZZ繋がりではなく、
たまたまヴァン・ダイク・パークスを検索していてです。
VDPのこれほど詳しく日本語で読めるサイトに脱帽であります。
そのほか、勿論JAZZも好きではありますが、
ラテンあり、はっぴいえんどあり、バカラック大先生ありと、私の大好きな音楽ばかりではありませんか。
貴兄の記事をいろいろ読ませていただくと、
世代が近いせいか、私と同様YMO、特に坂本龍一”教授”の薫陶を受けられているようですね。
私も学生の頃、「サウンドストリート」でいろいろな音楽・ミュージシャンに出会いました。
「デモテープ特集」は今でも使わなくなったカセットテープに残っています。
私の住処ヨコスカの影響もあって敬愛する横山剣さんもお好きなようで、なんだかうれしくなりました。
貴兄ほど音楽に対して博学能文ではありませぬが、取り上げていらっしゃる音楽趣味には、
「××先生の口癖はこうだったよなあ」といった何か同じ学校の同窓生に出会ったようで、
あまりの懐かしさに長々コメントさせていただきました。

どこにコメントを入れようかと迷った挙句、「昭和」世代のオジサンはこちらに書くことにしました。
福岡出身ですが、この写真の前の方は、懐かしや土井選手ではありませんか?後ろの方は誰だっけ?
そういえば中学時代、万年最下位の「太平洋クラブライオンズ」を必死で応援する友人がおりましたね。

また、ゆくっりと拝読させていただきます。それでは。

定成寛 URL 2010-09-02 (木) 19:06

papayoyoさま、ようこそいらっしゃいませ!コメントまことにありがとうございました。

ヴァン・ダイク・パークスについては、ともかく付き合い(?)が長いというか、深いというか。高校三年生、1983年から聴いているので、そろそろ30年になります。彼のどんな曲でも、あのアレンジ、サウンドに理屈ぬきで身震いしてしまいます。披露宴でもかけてしまいました(笑)。
おっしゃる通り坂本龍一の影響は大きく、『サウンド・ストリート』で見聞を広めました、が、この年齢になって来ると、細野晴臣翁のサウンドが、新旧含めて非常にしっくり来ます。不思議なものです。

太平洋クラブはクラウンに身売りする時だったか、あわてて「プロ野球カード」を集めました。丁度アルバム1冊分あるはずですが、さて実家か?自宅のどこかか??私自身は父親が広島県出身で本籍地も広島なので、熱烈なカープファンです。こちらは初優勝の頃のカードがアルバムで3、4冊。
ちなみに写真の後ろは「白仁天」ですね。韓国に帰って、とあるスキャンダルで有名になった(苦笑)。白仁天の騒ぎで「韓国では浮気は犯罪。"通姦罪"が残っている」と知りました。古いラインナップを見る、こんな便利なページがありました↓。
http://page.freett.com/tmworks/SL75-79.htm

ところでこの前の週末に、お住まいの横須賀で「レネゲイズ・スティール・ドラム・オーケストラ」のライヴがあったのでは?1992年の初来日を観ましたが、いや、素晴らしかったです!ご覧になりましたか?

ではでは、これからもこのようなテーマでゆっくりと書いて行きますので、たまに覗いて頂ければ幸いです。

papayoyo URL 2010-09-04 (土) 01:02

ヴァン・ダイク・パークスの所有盤は”Jump!”。LPをよく聴きました。その後CDも購入。クラシックファンの父がいたく気に入っていましたね。VDPの流れでいえば、ランディ・ニューマンはお気に入りの1人です。

「白仁天」、そういう方もおられましたね。ライオンズの古いメンバー表、懐かしい!。土井に東尾、大田、竹之内、永射、立花、若菜と職人軍団だったのに、福岡時代はなんで勝てなかったんだろう?僕の中での真弓はタイガースではなく、やっぱり”ライオンズ”の真弓です。

レネゲイズ・スティール・ドラム・オーケストラ、全くの灯台下暗しでございました。こんな近くでコンサートがあったなんて。。。ま、スチールパンは初心者ですので、これからじっくりと探索したいと思います。情報ありがとうございます。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sadanari.blog16.fc2.com/tb.php/5-9ab9cabb
Listed below are links to weblogs that reference
第5回-昭和の記憶 from サダナリデラックスブログ

Home > 日記 > 第5回-昭和の記憶

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top