Home > スポンサー広告 > 第50回-魅惑のロックインスト-その2・60年代&ラジオ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

T0MY URL 2016-05-25 (水) 22:48

いやあ~懐かしい!確かにフィラーが流れるとそろそろ夜明けが近い時間帯でしたね。
70年代後半あんまり深く考えず 深夜に海岸目指して往復160キロのサイクリングに出掛けた当時中学生のTOMYは 
寂しさを紛らせる為に ラジオを積んでいきました。
他にもWe'll Sing In The Sunshine  Rebel Rouser  Forty Miles of Bad Road等々 静かな山間の国道に響き 星空によく似合いました。
今思えば とても素敵な贅沢な時間だったような気がします。
ちなみにサイクリングなのに スカイセンサー5900なんて 重いでっかいラジオを積んで行ったのが 御馬鹿な中学生らしいでしょ?

定成寛 URL 2016-06-14 (火) 22:46

TOMYさま>
自転車に5900ですか?!超高級機ではないですか!
改めて考えると、私はカセット付きのスカイセンサー5950だったのがその後のジンセイを決めた…というのは大げさですが。最初は海外の短波放送を録音していたのですが、そのうちにFMで音楽を録音するようになり、高校くらいから短波を聴くことが減り、すっかり音楽用のラジカセとしてスカイセンサーを使うようになって…そしてこのようなブログを書くに至ったわけです。
しかしホントに、このあたりのフィラーの時間になるともうすっかり夜が明けていますよ。近田春夫の第二部で、古いロックとか昭和歌謡とか聴いていたなぁ。今と変わらないなぁ…。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://sadanari.blog16.fc2.com/tb.php/52-f759e80e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from サダナリデラックスブログ

Home > スポンサー広告 > 第50回-魅惑のロックインスト-その2・60年代&ラジオ編

Home > 音楽 > 第50回-魅惑のロックインスト-その2・60年代&ラジオ編

第50回-魅惑のロックインスト-その2・60年代&ラジオ編

延々続くかもしれないロックインスト特集。第二回はちょっと地味なものを。

ロックインストとしてひとジャンルあるのが「ツイスト、ロカビリー系」である。どうしたものか、ツイストやロカビリーにはヴォーカル抜き、オルガンやマリンバ(!)などでメロディーを奏でて、それでガンガンに踊らせるという摩訶不思議な曲がある。さぞかしお詳しいマニヤ、コレクター諸氏もいらっしゃると思うが、私が「懐かしいなぁ」と思うのは、例えばこのBilly Joe and The Checkmatesの"Percolator Twist"とか-



Johnny & Hurricanesの"Red river rock"などである。



"Percolator Twist"はうっかりすると「ポップコーン」でお馴染みのホット・バターあたりのテクノ曲かと勘違いしてしまうが、じっくりお聴き頂くとわかる通りなんともマッタリした古き佳きツイストである。1961年リリース。昭和36年。古い!
Billy JoeはLouis Bideuという音楽業界人の変名で、ツイストブームに乗ったこのインストが一発屋的にヒットしたらしい。

そして"Red river rock"は更に古い! 1959年のヒット曲で実に全米5位にチャートインしている。Johnny & Hurricanesは特徴的な音色のオルガンとブロウしまくりのテナーサックスがリードを採るインスト・ツイスト・バンドで、このほかのスマッシュヒット曲もいずれもインストであった。
興味深かったのは2、3年前のこと、ピーター・バラカンの番組にゲスト出演したモーガン・フィッシャー(key)が「思い出の曲」的にこれを紹介していたこと。「私はオルガン奏者だからね」と語っていたが(ピーターさんはちょっと意外な選曲に感じたらしい)。

さてこの2曲を聴いて「むむむ」と気付いた人はスバラシイデス。実はこの2曲、いずれも「オールナイト・ニッポン」のフィラー(ネット局間のCMの時間を調整するためにCM明け直前に流す曲)だったのだ。

もう30年以上前のこと、深夜2時とか3時とか4時とかに、親に隠れてフトンの中でイヤホンで聴いていた、なんともなつかしいロックインストである(音楽的にはこれらがエレキ・インスト~サーフ・ロックに繋がるのであろう。しかしここではその「前夜」までとスル。更にツイスト系インストでは「テキーラ」のTHE CHAMPSがいるが有名過ぎるのでどこかで適当に聴いておいてください)。

そして! オールナイト・ニッポンと言えばこの曲も。1960年代後半の東海岸のインスト・ブラス・バンド、The Brass Ringの"The Disadvantages Of You"。ここまで来るとロックなのかムード音楽なのかわからなくなって来るが(苦笑)、というか、オールナイト・ニッポンでこの曲が流れたら、たぶんオモテは薄明るくなっているだろう。夏ならばもうすっかり夜が明けているかもしれない。



なんだなんだ?! ロックインスト特集といいながら、結局また昔のラジオで流れていた曲の紹介になってしまった。でもロックインストとラジオは切っても切れないからなぁ…。
スポンサーサイト

Comments:2

T0MY URL 2016-05-25 (水) 22:48

いやあ~懐かしい!確かにフィラーが流れるとそろそろ夜明けが近い時間帯でしたね。
70年代後半あんまり深く考えず 深夜に海岸目指して往復160キロのサイクリングに出掛けた当時中学生のTOMYは 
寂しさを紛らせる為に ラジオを積んでいきました。
他にもWe'll Sing In The Sunshine  Rebel Rouser  Forty Miles of Bad Road等々 静かな山間の国道に響き 星空によく似合いました。
今思えば とても素敵な贅沢な時間だったような気がします。
ちなみにサイクリングなのに スカイセンサー5900なんて 重いでっかいラジオを積んで行ったのが 御馬鹿な中学生らしいでしょ?

定成寛 URL 2016-06-14 (火) 22:46

TOMYさま>
自転車に5900ですか?!超高級機ではないですか!
改めて考えると、私はカセット付きのスカイセンサー5950だったのがその後のジンセイを決めた…というのは大げさですが。最初は海外の短波放送を録音していたのですが、そのうちにFMで音楽を録音するようになり、高校くらいから短波を聴くことが減り、すっかり音楽用のラジカセとしてスカイセンサーを使うようになって…そしてこのようなブログを書くに至ったわけです。
しかしホントに、このあたりのフィラーの時間になるともうすっかり夜が明けていますよ。近田春夫の第二部で、古いロックとか昭和歌謡とか聴いていたなぁ。今と変わらないなぁ…。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sadanari.blog16.fc2.com/tb.php/52-f759e80e
Listed below are links to weblogs that reference
第50回-魅惑のロックインスト-その2・60年代&ラジオ編 from サダナリデラックスブログ

Home > 音楽 > 第50回-魅惑のロックインスト-その2・60年代&ラジオ編

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。