Home > 音楽 > 第67回-冨田勲・賛-その4「本当の魅力」

第67回-冨田勲・賛-その4「本当の魅力」

冨田勲のシンセサイザー音楽について、3回にわたって書いて来た。しかし私たち日本人にとって、冨田勲が忘れられない音楽家である理由は、シンセよりもなによりも、その作曲とアレンジにある。あまり語られないが、これに尽きる。

つい先日、テレビ朝日の「題名のない音楽会」で冨田の特集をやっていたが、アレンジが酷すぎて途中で早送りしてしまった。
まず「リボンの騎士」がシャッフルではなかった。あの曲はジャズのブルース進行で強烈なシャッフルで演奏される。インスト版のこちらを聴くと、一聴瞭然。トイピアノによるクロマチックのフィンガー・モーションなど、完全にジャズだ。



誤解を恐れずに記せば、「リボンの騎士」に最も近い曲はレイ・チャールズのこれだろう。



さらに「新日本紀行」もドアタマのブラスがなく、しかもポリリズムっぽい(楽典的にはポリリズムにはなっていない)裏打ちのパーカッションも弱かった。それこそが「新日本紀行」の高揚感の源であるにもかかわらず…。これ以上正しい演奏はない、本人の指揮による演奏。



このオープニングのホルンも、実に細かい譜割りになっており、それを理解しない者が演奏すると台無しになる。そして1、3、5、6拍目のウラに入るカッティング。これらが正しく組み合わさって初めてあの流麗かつ妖艶な「新日本紀行」になる。そしてこの曲が影響を与えたとか、与えなかったとか、諸説あるのがかの坂本龍一「The Last Emperor」だ。



こうして観てみると、似ているような似ていないような(笑)。アカデミー賞受賞直後、当時の夫人だった矢野顕子が、自分の”出前コンサート”で2曲を続けて演奏して「そっくりよねぇ~」と(あの声で)言っていた、というのは知る人ぞ知る話。
実際のところは坂本は全く意識せずに作曲して、出来上がってから矢野に「新日本紀行みたい」と指摘され、「確かにそうだな」と認めたらしい。

(ちなみに上のラストエンペラーの演奏、鼓弓のパートをオープンホールフルートで代用。巧みにグリッサンドしているが、そうすると急に中華系の楽器に聴こえるところが面白い)

さてさて、奇しくも坂本龍一の名前が出てきたが、昭和40年代の小学校時代に冨田勲の名曲の数々を聴いていた私の世代は、中学校時代に有名になった坂本龍一のアレンジやコードの中に、どことなく冨田勲を感じていたようにも思う。今は事務所で文章を書いているため手元に楽器がなく、テンションやスケールの比較が正確には出来ないのだが…。





こうして考えてみると、決して歌謡曲やポップスの人ではなかったが、シンセサイザー以外の楽曲面で、どれほど強烈な忘れ得ぬ記憶を与えて去っていったか…。こうした楽曲面での詳細な研究は、もっと表に出ても良い。シンセサイザーだけではなく。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sadanari.blog16.fc2.com/tb.php/69-05383a85
Listed below are links to weblogs that reference
第67回-冨田勲・賛-その4「本当の魅力」 from サダナリデラックスブログ

Home > 音楽 > 第67回-冨田勲・賛-その4「本当の魅力」

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top