Home > スポンサー広告 > 第70回-年末に観るほっこり映画・その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://sadanari.blog16.fc2.com/tb.php/72-91f57001
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from サダナリデラックスブログ

Home > スポンサー広告 > 第70回-年末に観るほっこり映画・その2

Home > 映画 > 第70回-年末に観るほっこり映画・その2

第70回-年末に観るほっこり映画・その2

3eceaf36d8924401887956152cd03b1d.jpg

うううむ…「年末に観るほっこり映画・その1」というタイトルで11月に前回を書き、12月に「その2」をと考えていたが、さすがに年末は忙しく見事に年が明けてしまった。

その2なしで次のテーマに進むのもヨロシクないので、簡単にもう1本採り上げる。「年末年始に観るほっこり映画」というのはちょっと強引か?!

仕事納めのあと、2008年の12月30日頃に観たのがミシェル・ゴンドリーの『僕らのミライへ逆回転』だ。この映画、その年の10月に封切られてテレビCMまで打っていたのだが、客入りがイマイチだったか上映館が減り、都内の三番館であった今は無き(大好きだった!)シネパトス銀座まで追いかけて観た。そしてエンディングで号泣した。

この映画、残念なことにゴンドリー特有のひねくれた物語のためにその骨子が正しく伝わっていない。ほとんどの紹介文は磁気が消えてしまったレンタルビデオショップの店員が、名作映画の数々を自演して取り繕う珍作と書かれている。そしてその自演のときにゴンドリーお得意の「手作り工作」が登場すると。

確かに前半はその通りなのだが、実はこの映画のメインストリーは後半部にある。そしてそれはほとんど紹介されていない。この作品、心温まるジャズ映画なのだ。

自演の『ゴーストバスターズ』や『シェルブールの雨傘』、『ライオン・キング』などの怪作が意外な評判となり、「次は自分たちのオリジナル作品を撮ってみよう」ということになる。そして選んだのがその店の建つ場所で生まれた早世のジャズ・ピアニスト、ファッツ・ウォーラーの伝記映画だ。

この企画に町中の人々が賛同し、住民総出の力作が撮影される。とはいえツメの甘い素人映画、ウォーラー誕生のシーンではものすごい老婆の股間から服を来た5歳くらいの男の子が登場する爆笑演出、いや笑わせるためにやっているわけではなく、本人たちはいたって真面目…というところが爆笑を呼ぶのだ。

しかしなぜかこのダメダメな素人映画も終盤になるとその世界に引き込まれて、ウォーラー急死(彼は人気絶頂の時に列車内で病死している)のシーンではしっかりと悲しさを感じる。出演者や近所の住民を集めての店先での「ワールド・プレミア」は大喝采に終わるが、実はその時に…という本当の結末は死んでも書けない。

そしてエンディングでは立ち退きを迫られていた店が、この上映会をきっかけにどうなったかが描かれる。映画を、音楽を、ジャズを、そして「自分たちの町」を愛する者に向けた、まれにみる傑作映画と断言出来る。

ネットでも紙媒体でも、「自演された名作映画が何本わかりますか?」的な映画マニヤのお遊び作品のように書かれており、この映画、本当に損をしていると思う。

年末に観るならばこんなハートフルな傑作がいい。「色々なことがあったが今年もいい年だった」と、コロっと騙されるからだ。映画に騙される快感、これがイイ。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sadanari.blog16.fc2.com/tb.php/72-91f57001
Listed below are links to weblogs that reference
第70回-年末に観るほっこり映画・その2 from サダナリデラックスブログ

Home > 映画 > 第70回-年末に観るほっこり映画・その2

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。