Home > 映画 > 第83回-拍手の起こる映画

第83回-拍手の起こる映画

Green_Book.jpg


かつてこのブログに映画『丹下左膳余話・百萬両の壺』('35年・日活)のことを書いた。「私は映画館で、あれほどまでの歓声を聞いたことがない」、「満員の場内、全員が拍手。立ち上がって、スタンディング・オベーションをしている者までもいる。私ももちろん、力の限り拍手をした」-実はこの映画に対して拍手をしてしまう感情というかトリガーというかは、実はエンディングの一瞬にかかっているのではないかと考えている。

この『丹下左膳余話・百萬両の壺』がまさにそうなのだが、他には川島雄三の代表作『幕末太陽傳』('57年・日活)や、成瀬巳喜男の『秋立ちぬ』('60年・東宝)など、それまで積み上げてきた物語と人物像のパワーや感情がピークに達し、さらに意外な展開を見せ、余計な余韻や説明なしに「スッ」と終わる。「もう、これは拍手するしかないな」という演出、編集があるのだ。

(逆に劇中では大感動してもエンディングでハズしてしまう映画もある。去年話題になった『カメラを止めるな!』はそこが残念だった。本当に面白い映画だと思ったが、ラストショット~エンディングが締まらず、拍手のタイミングを逸してしまった…)

最後の最後に強烈な一言が来る映画もある。近作ではリドリー・スコットの『オデッセイ』(2015年)がそうだろう。さらにラストシーン、ラストショットが爆笑を呼びこらえきれずに拍手してしまう映画もある。例えば'97年の『フル・モンティ』がそうだ。
しかしこの「最後の最後に強烈な」映画は、その詳細が説明出来ないのが残念だ。そこを詳しく書くのは絶対にやってはいけないことなので…。

さて、なんで突然こんなことを書いているかというと、まさに今日、アカデミー賞作品賞を獲った『グリーンブック』がその「最後の最後に強烈な一言」という作品だからだ。日本公開は今週末3月1日の金曜日なので、それこそ詳細は書けないが、「とても『オデッセイ』に似ていた」とだけ書いておこう。

この作品、去年の秋にネットで見つけてレギュラーで映画評を書かせてもらっている雑誌JAZZ JAPANに推薦。「日本公開が決まったらレビューを書きたい」と数ヶ月前から注目していた一本なのだ。
あまりにも重厚な『ローマ/ROMA』に圧されて、作品賞は無理かと思ったが最後の最後に大逆転(?)。見事作品賞に輝いた。どんな映画、どんなエンディングかは、ぜひ映画館で。よろしければ最後の一言で拍手を!

.
スポンサーサイト



Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sadanari.blog16.fc2.com/tb.php/85-8e8255d7
Listed below are links to weblogs that reference
第83回-拍手の起こる映画 from サダナリデラックスブログ

Home > 映画 > 第83回-拍手の起こる映画

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top