Home > 音楽 > 第84回-雑誌記事からこぼれたこと-その1・映画に描かれたヴァン・ダイク・パークス

第84回-雑誌記事からこぼれたこと-その1・映画に描かれたヴァン・ダイク・パークス

月刊誌「JAZZ JAPAN」の新作映画レビューをほぼ毎月書かせて頂いている。私個人の連載というわけではないのだが、2012年3月から年に10回前後、75回くらいは書いている。

しかし、文字数、行数に厳密な規定があり、書きたいと思ったことを諦めることもある。いや、正しく言うと、最初に文字数を考えずに好きなように書いて、あとからどんどん自分自身で削って行く。そして実は、削れば削るほど文章は引き締まり、面白くなって行く。ここは文字数制限の少ないネット媒体とは大きく異なっている。

「削れば削るほど文章は引き締まり、面白くなって行く」とは言うものの、その削った文章の中には「これは伝えられずに残念だったな」と何年も気になっているものもある。例えば2015年8月に公開されたブライアン・ウィルソンの伝記映画『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』のある描写。

BB5_Love-Mercy.jpg

この映画、『ペット・サウンズ』セッション(1965~66)を中心とした60年代のブライアンと、ユージン・ランディ医師という怪人物に支配されていた1980年代の彼を二人の俳優(60年代はポール・ダノ、80年代はなぜか全く似ていないジョン・キューザック)が演じる不思議な構造だった。
そして唖然とするのが60年代の再現っぷり! 66年11月とされるかの「ファイヤー・セッション」では消防士のヘルメットを被ったキャロル・ケイ(b)にそっくりのTeresa Cowlesまでも!! (写真は全て2015年の映画の方から載せています。ロックファンなら誰でも唸るハズ)

BB5_8920d8e835e5d359e9ef25e31098625b.jpg

いきなりマニアックなところに走ってしまったが、この映画で「これは伝えられずに残念だったな」と思っているのは実は我が師、ヴァン・ダイク・パークスについての描写なのだ。
演じているのは俳優でシンガー・ソング・ライターでもあるマックス・シュナイダー。「『ペット・サウンズ』から『スマイル』の挫折を描くならば、ヴァン・ダイクも出てくるのかな?」と思ったら見事に出てきた。しかも良く似ている! メガネ、髪形、服装。よくぞここまで!

BB5_013 Max Schneider as Van Dyke Parks

最初はBB5のメンバーと親しげに食事を供にし、『スマイル』をクラシックの名作のようにしたいなどと講釈を垂れるのだが、饒舌なヴァン・ダイクにメンバーは違和感を感じはじめる。そしてついに「出て行ってくれないか」と告げられて、ヴァン・ダイクはひとり去って行く…。

この「メンバーではないのにそこにいる感じ」、「出て行ってくれないか」から「ひとり去って行く」の疎外感としうか、馴染めなかった感というかが、「ホントにこうだったんじゃないか?!…」と思わせる、実にビミョーな空気の漂う演出だったのだ。

ブライアンとヴァン・ダイク、そしてBB5の他のメンバーとの関係は、それこそ30年以上追いかけて自分なりに想像をしていたが、いやびっくり、まさにその想像通りの演出であり、映像だった。ヴァン・ダイク本人はどう観たのかなぁ…。

この映画のヴァン・ダイク・パークスに注目している人も少ないと思うが、『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』のこの場面は特筆に値する、が、文字数の限られたメジャーなジャズ雑誌に書くわけには行かず、いま、ここに書いた。ご覧あれ。

.
スポンサーサイト



Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sadanari.blog16.fc2.com/tb.php/86-2d7ea480
Listed below are links to weblogs that reference
第84回-雑誌記事からこぼれたこと-その1・映画に描かれたヴァン・ダイク・パークス from サダナリデラックスブログ

Home > 音楽 > 第84回-雑誌記事からこぼれたこと-その1・映画に描かれたヴァン・ダイク・パークス

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top