Home

サダナリデラックスブログ

第73回-テクノ御三家-その2・プラスチックスの特別さ



中西俊夫の早すぎる死去をきっかけに書き始めたテクノ御三家について。「プラスチックス派、ヒカシュー派、Pモデル派に分かれる。そしてそれが、幼いながらもその人の趣味や性格を表し、ひいてはその将来までも…」というお話しの第二回。

1979~80年のテクノポップ大流行まで、パンクが最も進んだ音楽だと思って聴いていたので、パンクとマシンを完璧にミックスしたP-MODELにもシビれた(中学生のナケナシの小遣いで「ヘルス・エンジェル」のドーナツ盤を買った。50歳を過ぎてもまだ持っている)、ニューウェイヴ的な奇抜さとイケナイものを聴いている感じではヒカシューのサウンドが群を抜いていた。ヒカシューにはかなりハマり、アルバムも買い続けてかなり後年にもライヴに行った。

しかし、しかしである。なんというか「俺が求めていたものはコレだッ!!」感、100、120、1000%のジャストミート感があったのはプラスチックスだった。一体どこにシビレたのだろう?…。

まず何と言ってもそのサウンドのレトロ感だ。実際にモンキーズの「恋の終列車」や、ビートルズ武道館公演の前座でドリフターズが演奏した「ウェルカム・ビートルズ」のカヴァー(正しくは「ウェルカム・プラスチックス」)もやっていたが、オリジナル曲の多くが1960年代のエレキサウンドやブリティッシュ・インヴェンション、さらにはGSサウンドを彷彿とさせるもので、古い映画や深夜放送で聴くそうしたサウンドに狂っていた私は「アレをシンセでやってくれるバンドが登場した!」と狂喜した。

この中学生の狂喜は、実はプラスチックスのコンセプトそのものでもあった。かなり後年になってから立花ハジメのインタビューで知ったのだが、「60年代のロックに胸がキューンとしたあの感じを、今のセンスで再現するとどうなるか」が彼らのコンセプトだったそうだ。

もちろんレトロ感だけではない。その「音の良さ」にもシビれた。ヒカシューほか何組かのバンドがドラムレスで、ローランドのCR-78(コンピュリズム)というリズムマシンを使っていたが、この音が最もストレートに、魅力的に収録されていたのがプラスチックスではなかったか。
トシとハジメの60'sギターもイイ、佐久間正英のシンセ(JUPITER-4が多かった)もオルガンサウンドを多用しまくりで日本のGSのようだった。確かに「COPY」や「ROBOT」といった近未来を匂わせる曲もあったが、それも60年代の人々が描いたキッチュな未来像の音像化のように思える(←これはごく最近気付いた)。

デザイナーやスタイリストの兼業バンドであったので、アートワークやファッションも洗練されており、そして上で述べたレトロフューチャーなサウンド。「プラスチックスについて行けば、自分の望む音楽もファッションも、すべて実現できるのではないか」と、まるで取り込まれたようになってしまった1980年1月、中学2年の3学期であった(父親がドレメの教師をしていたのも関係があるのかもしれない。これもごく最近気がついた。プラスチックスはなんとな~く服飾系大学の学内の"アノ雰囲気"に通じるものがあった)。

しかしこの「読み」は概ねハズレではなく、その後数十年、彼らから広がる世界を追い続けることになる(つづく)。

第72回-テクノ御三家-その1

プラスチックスの中西俊夫が亡くなってしまった。2017年2月25日、満61歳没。食道癌であった。

昨年9月に既にステージⅢであると公表。治療のためのクラウドファンディングやチャリティシングルの制作、ライブイベントなどが繰り広げられていたが、発見からわずか半年で逝去。人間とはこんなにもあっけないものか。2009年6月に再婚した今村早里との間に生まれた男の子が、まだ幼くて…それを思うとやりきれない気すらしてくる。
プラスチックスは2014年1月にキーボード担当だった(というかかの四人囃子の名ベーシストだった)佐久間正英も胃癌で急性。すでに2人を失ってしまった。

中西俊夫の死去で、プラスチックスとその後の活動、そしてメジャーデビュー時のニッポンの雰囲気などを思い出していた。

そこで浮かんできたのが「テクノ御三家」という言葉だ。

テクノ御三家とは、プラスチックス、ヒカシュー、Pモデルの3つのバンドを指す。それぞれの日本国内でのメジャーデビューが1980年1月、1979年10月、1979年7月だったので、1980年の初頭頃に誕生した言葉だろう。

昭和55年の話。いまとなっては当時最先端だった「テクノ」と昭和歌謡臭ムンムンの「御三家」の組み合わせにクラクラするが、なんともこれが、当時はほとんど違和感なく使われていた。

そしてこの3バンドの組み合わせを決定づけたのが、NHK総合テレビの青少年向けの情報番組「600こちら情報部」で放映された「'80春 テクノ・ポップって何?」。正確な放映日がどこにも残っていないのだが、中2から中3に上がる春休みだったような、学期中だったような…。



そしてこの「600こちら情報部」放映のあと、中学生、高校生が熱狂し、プラスチックス派、ヒカシュー派、Pモデル派に分かれる。そしてそれが、幼いながらもその人の趣味や性格を表し、ひいてはその将来までも…というお話し。

まずは私が最もハマった、プラスチックスの有名曲「COPY」を。こう観るとプラスチックスがダントツにオシャレでうっとりさせるものがある。そこに惹かれたのだ…。



(ちなみにこの3バンドの御三家的紹介は、この番組に続けて東京12チャンネル(現・テレビ東京)で放映されていた「ステレオ音楽館-これがテクノポップだ!」でも組まれていた。こちらは80年の夏ごろだったか…)

-その2につづく-

第71回-ニッポンのテレビジョン

gaga.jpg

アメリカ大統領選でのトランプ勝利後、NYトランプタワー前でレディ・ガガが掲げた「Love trumps hate.」-「愛は憎しみに勝る」を日本のテレビ局が「トランプは嫌い」と誤訳。「どう読めばそうなるんだ?」と日本中を唖然とさせたことは記憶に新しい。あのとき私は、「なんだか昔も似たような話があったなぁ…」と思った。

2002年頃だったと思う。フジテレビで高校生のアカペラ・グループを応援する企画があり、優勝グループがニューヨークに行く回をたまたま見た。彼らはストリート・ライヴを行い、「イマジン」を歌った。

別に彼らに非はない。そこで流れたナレーション「曲は『イマジン』。9.11以降、アメリカの各地で歌われた曲だ」に問題がある。私はそれを聴いた瞬間、唖然とした。

9.11以降、全米のラジオ局は160曲に及ぶ"lyrically inappropriate"(不適切な歌詞を持つ)songsリストを作成、「イマジン」もそれに含まれオン・エアも演奏も自粛、いや、封印された。戦争を放棄し、宗教も国境も関係ない、世界はひとつなどという歌は、これからイスラム圏に反撃をするわが国に相応しくないというわけだ。「各地で歌われた曲」は全くの間違い、正反対である。

しかし! 同時多発テロからわずか10日後の9.21、かのニール・ヤングが、しかもよりによって9.11犠牲者の追悼ライヴでこの曲を歌う。このパフォーマンスは賛否両論を呼び、我々ニッポンのロック・ファン(の一部)はその姿に震え、涙した。これこそがロックだと。



確かにこのニール・ヤングのパフォーマンス以降、ラジオ曲にリクエストが殺到したり、サー・アイバンによるクラブ・ミックスがチャートに登場したりということもあった。だが、「イマジン」と言えば9.11によって虐げられた曲の象徴。それを「アメリカの各地で歌われた曲」などとひとことで片付けられるのだろうか? 中途半端なナレーションなら、付けない方がマシではないだろうか?
ロックとは、バラエティ番組のスタッフが考えている以上に深く、複雑で、重い意味を持つものだ。だから半世紀近く聴き続けて、いまだに飽きずにいる。

もう15年も前のことで、さらには「いや、そうした事情も踏まえて、ちゃんとナレーションしたのだ」という声もあるかもしれないが、ニッポンのテレビ局と米国文化との間には、何か大きな溝があるように思う。なんだか、住む世界が異なるような…。

第70回-年末に観るほっこり映画・その2

3eceaf36d8924401887956152cd03b1d.jpg

うううむ…「年末に観るほっこり映画・その1」というタイトルで11月に前回を書き、12月に「その2」をと考えていたが、さすがに年末は忙しく見事に年が明けてしまった。

その2なしで次のテーマに進むのもヨロシクないので、簡単にもう1本採り上げる。「年末年始に観るほっこり映画」というのはちょっと強引か?!

仕事納めのあと、2008年の12月30日頃に観たのがミシェル・ゴンドリーの『僕らのミライへ逆回転』だ。この映画、その年の10月に封切られてテレビCMまで打っていたのだが、客入りがイマイチだったか上映館が減り、都内の三番館であった今は無き(大好きだった!)シネパトス銀座まで追いかけて観た。そしてエンディングで号泣した。

この映画、残念なことにゴンドリー特有のひねくれた物語のためにその骨子が正しく伝わっていない。ほとんどの紹介文は磁気が消えてしまったレンタルビデオショップの店員が、名作映画の数々を自演して取り繕う珍作と書かれている。そしてその自演のときにゴンドリーお得意の「手作り工作」が登場すると。

確かに前半はその通りなのだが、実はこの映画のメインストリーは後半部にある。そしてそれはほとんど紹介されていない。この作品、心温まるジャズ映画なのだ。

自演の『ゴーストバスターズ』や『シェルブールの雨傘』、『ライオン・キング』などの怪作が意外な評判となり、「次は自分たちのオリジナル作品を撮ってみよう」ということになる。そして選んだのがその店の建つ場所で生まれた早世のジャズ・ピアニスト、ファッツ・ウォーラーの伝記映画だ。

この企画に町中の人々が賛同し、住民総出の力作が撮影される。とはいえツメの甘い素人映画、ウォーラー誕生のシーンではものすごい老婆の股間から服を来た5歳くらいの男の子が登場する爆笑演出、いや笑わせるためにやっているわけではなく、本人たちはいたって真面目…というところが爆笑を呼ぶのだ。

しかしなぜかこのダメダメな素人映画も終盤になるとその世界に引き込まれて、ウォーラー急死(彼は人気絶頂の時に列車内で病死している)のシーンではしっかりと悲しさを感じる。出演者や近所の住民を集めての店先での「ワールド・プレミア」は大喝采に終わるが、実はその時に…という本当の結末は死んでも書けない。

そしてエンディングでは立ち退きを迫られていた店が、この上映会をきっかけにどうなったかが描かれる。映画を、音楽を、ジャズを、そして「自分たちの町」を愛する者に向けた、まれにみる傑作映画と断言出来る。

ネットでも紙媒体でも、「自演された名作映画が何本わかりますか?」的な映画マニヤのお遊び作品のように書かれており、この映画、本当に損をしていると思う。

年末に観るならばこんなハートフルな傑作がいい。「色々なことがあったが今年もいい年だった」と、コロっと騙されるからだ。映画に騙される快感、これがイイ。

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top